美容整形|顔のリフトアップは後遺症が残る可能性大

テレビで観る女優さんの顔がかなり老化しているな・・・と感じることってありますよね?

誰だって年齢とともに肌が老化してしわやシミ、たるみが生じるのは当然でそれがない人はいないってわかってはいうけど、女優さんはいつまでも若く美しくいてほしいという願望があるからでしょうか?老化した人を見ると、ちょっと残念な気持ちになってしまいます。

でも、数か月後に「え!!」と思うほど若返っていることがあるのですが、あれって絶対リフトアップですよね?やっぱり定期的にお手入れをしないと女優さんはいつまでも美しくいられないってことなんでしょうね~ストレスや肌への負担が多い仕事なので普通の人よりも肌のことを考えないとダメージも大きいでしょうし・・・リフトアップって整形手術ですが、二重や鼻をいじるのとちょっと違って、それほど「整形してる!」という罪悪感はないかもしれませんね。

でも、簡単に感じるリフトアップも手術なのでそれなりに後遺症が残る可能性もあって、一番多いのがひきつった感じや表情が不自然になるというものらしいです。糸で引っ張る方法でリフトアップするので、その糸の引っ張り具合が悪いと効果が出なかったり逆に引っ張られすぎて表情が上手く作れなくなってしまうらしいです。

他にも深刻な後遺症があり、口を動かす際に痛みを感じたり片頭痛が治らないという人もいます。腫れが引かずにほかの医師に診察してもらったところ、麻酔を使いすぎたため筋肉が委縮してしまう人もいます。

リフトアップは失敗がないと思っている人が多いのですが、実はとても高い技術が必要で糸の張り方や強さに経験も必要な手術らいいです。

きれいになるために受けた手術で前よりもひどい顔になってしまったり、生活に支障が出るような後遺症が出るなんて悲しすぎますよね?もし、リフトアップを受けたいと思ったら本当に信頼できる病院で説明を受け、効果だけではなく副作用や後遺症例などもしっかり知ったうえで決断しなくてはなりませんね。

初回無料電話占いおすすめランキング!よく当たるのはここですよ!