女なのに口周りにヒゲが生えてしまう原因と対策

女なのに口周りのヒゲが濃くなってしまうとスゴイ悩みとなってしまいます。なぜ、女なのに口周りのヒゲが濃くなってしまうのでしょうか?今回は、口周りのヒゲが目だってしまう理由と処理方法を詳しく紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

女性のヒゲが濃くなってしまう理由としては、個人差がありますが、顔に産毛が生えるのは当たり前のことです。男性と同じように濃い人と薄い人に分かれています。そんな中で段々濃くなってきた気がするという場合には、ホルモンバランスの乱れが主に関係しています。ホルモンバランスの乱れといってもまず、生活習慣が大きく関係していると言われています。

・ストレスです。今の時代にストレスがないという人はいないと思いますが、ストレスによりホルモンバランスが乱れてしまうと言われていて、忙しい日常を過ごしている人も多いと思いますが、自分の時間を持つことが何より大切になってきます。ストレスは、自分の好きな事に没頭する事が出来る時間や何も考えることなく過ごす時間、リラックスできる時間を作る事により解消に導く事が出来ます。

・睡眠不足です。睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れと大きく関係していて、6時間以上の睡眠をとる必要があります。睡眠の質を高める為には、夕方以降は仮眠をとらないようにして、眠る1時間前には体を落ち着かせてリラックスする事が必要で、寝る1時間前にお風呂に入るのが一番お勧めできます。更に寝る時には、電気を消して暗くする事により、質の良い睡眠を行う事が出来ます。

・偏った食生活です。食事が不規則だった場合や栄養が偏っている場合には、ホルモンバランスが乱れてしまう事があります。1日30品目を目安にと言われていますが、何よりも難しいと感じている人は、野菜ジュースなどで補うようにしたりする事で、無理なく30品目を摂取する事が出来ます。バランスの良い食事を出来るだけ決まった時間に摂るようにする事も意識しましょう。

・喫煙です。タバコをする女性も増えていて、ストレス発散のためと考えている人もいると思いますが、むりやり禁煙する事により、逆にストレスになってしまう事もありますので、喫煙がやめられないという人は、食事や他の所でカバーするようにして、意識して量を少しずつ減らしていくようにしましょう。

女性のヒゲを処理する方法としては、最近では様々な方法があります。実際に家庭用脱毛器を使ったり、脱毛サロンやクリニックに通う人もいます。また、自己処理をする人もいます。

自己処理する場合には、お風呂上りに行うのがお勧めできます。お風呂上りは肌が清潔な状態となっています。顔の細かい産毛を処理する場合には、バスルームは湯気が立っていて、手元を誤りやすいので、お風呂から上がって処理するようにしましょう。

クリームをつけて処理していきます。クリームは専用のシェービングクリームを使う事により、肌を傷つけにくく、キレイに処理する事が出来ます。剃る際には、上から下へ毛の流れに沿って剃っていく事が大事です。

女髭剃り

剃った後の保湿をしっかり行うようにしましょう。処理した後は、普段より多めの化粧水をつけて、ハンドプレスした後に、美容液やオイルで保湿するのお勧めできます。そのあとは、乳液やクリームでしっかりと蓋をしてあげるようにしましょう。

女性ホルモンを正常な状態にするには、運動を取り入れる必要もあります。無理な運動をする必要はなく、ストレッチ程度やウォーキングなど手軽にできる運動を取り入れる事により、代謝を上げる事が出来るのでホルモンを活性させる事が出来ます。

更に、アルコールやカフェインなどの飲料や甘い食べ物、スナック菓子、スパイスなどの刺激が強い食べ物や脂っぽいものは胃に負担がかかってしまいまいますので、食べるのは構いませんが、大量の摂取は避けるようにしましょう。

女性の口ひげは周りの人も指摘しにくいと思いますので、何よりも自分なりに意識してケアを行う必要があり、毎日鏡を見る際にチェックするようにしましょう。

女性のヒゲが濃くなってしまう原因としてはホルモンバランスが関係していますが、男性ホルモンが多く分泌されることにより、毛が濃くなってしまうと言われているので、女子力を上げる事により、ヒゲの悩みを抱えることなく、女性らしく過ごしていく事が出来ます。

規則正しい生活を送っている中でもストレスや疲れなど様々な問題に直面する事も多いのですが、自分なりに快適な生活を送ることが出来る環境に導いていく必要があります。

ホルモンバランスは、様々な日常の生活スタイルと関係していて、自分に当てはまる原因がある場合には、まずは、そこから改善していく事が大切になってきます。一気に改善を考えると逆にストレスになってしまいますので、徐々に自分が出来る事から始めてみましょう。そうする事により、ヒゲの悩みを解消に導いていく事が出来ると思います。

医療レーザー脱毛の仕組みについて分かりやすく説明します!

医療レーザーって聞くと、なんだか痛そう。。。
そんなイメージありませんか。
意外と知らない、医療レーザーの仕組みについてわかりやすく説明します。

医療レーザーはレーザーを照射して脱毛をさせます。
黒いものに反応して吸収させることができるレーザーを当てて
ムダ毛に反応し多レーザーがムダ毛の毛根も破壊するんです。
毛根が破壊されるから、毛は生えてこない。
医療レーザーは永久脱毛ができる脱毛法です。
黒いものに反応させるとはいえ、毛を伸ばしておく必要がなく、剃った状態で
施術してもしっかりレーザーが反応してくれます。
昔の永久脱毛ってニードル式だったから毛をはやしておく必要があったけど、
今では、処理をした状態でも大丈夫です。

また、黒いものに反応するって意味では自己処理でできちゃった
シミなどの色素沈着にも反応してくれます。
医療レーザーには美白効果があるとも言われているんですよ。
脱毛しながら美白できるのはうれしいね。
の反面、黒いものに反応する医療レーザーは色素が薄い産毛には
反応しにくいんだとか。
現在では、クリニックによって色素が薄い産毛にも反応できる機器を持っている
ところもあるかもしれないけど、基本的には
産毛など色素の薄いムダ毛には反応しにくいんですね。
まあ、これは、医療レーザーに限らずサロンのフラッシュ脱毛も同じことだけど。

そして、黒いものにとても反応する医療レーザーは、
色素沈着が激しい箇所の脱毛ってあんまり向いていないって言われてるんですね。
というのも、色素沈着が強いとどこもかしこも反応する~。
毛がない場所までレーザーが照射されるので多少の痛みがあるんだとか。
ということで、痛みを感じやすく色素沈着が激しいIラインや肛門のムダ毛処理に
不向きだったりするって言われている。
だけど、Iラインや肛門の脱毛も医療レーザーなら
永久脱毛ができるし、美白効果があるかもしれないって思えば、
少々の痛みを我慢してでも、医療レーザーでIラインもOも脱毛したいかも。

医療レーザーはお医者さんしか施術ができない医療行為で
永久脱毛です。
だから、エステサロンでは医療レーザーはやってなくて、サロンでの脱毛は
永久脱毛とは呼べないんですね。
医療レーザーはクリニックで脱毛ができないって言われた
敏感肌の人、アレルギー肌の人でも施術が受けられます。
レーザーといってもやけどの心配もありませんし、赤みとか腫れる心配もないです。
お医者さんがいるからお肌に不安があるって人も
医療レーザーはおススメかもしれません。

世界の女性の脱毛事情|世界の女性はどうムダ毛を処理しているのか

日本人女性にとって脱毛は当然のことで、ムダ毛が見えることは恥ずかしいという気持ちが大きいのではないでしょうか?私自身中学時代から剃刀で毛を剃るのが当然だと思っていたので、何となく脱毛=マナーという感覚が教えられなくても備わっているのかもしれませんね~

でも、日本以外では脱毛はどのようにムダ毛を処理しているのでしょか?

アメリカは脱毛の技術が高いため多くの人が脱毛サロンでムダ毛処理をするのが当然で、日本と同じようにムダ毛を処理すないことはマナー違反で、そのままの人は少ないようです。方法は日本と同じようですが、ワックスやクリームを使った処理方法も人気があり定期的にサロンに通う人が多いようです。

アジアでも中国はまだ脱毛をする人が少ないようで、大都市以外ではまったく処理をいない人がほとんどです。しかし、最近は都市部分から徐々に脱毛サロンも増え全身脱毛をす人もいるようです。

また、宗教の関係で脱毛をしなくてはならない国もあり、見た目ではない理由での脱毛が必要な国もあるということのようです。たとえば、イスラム教ではアンダーヘアーを処理するのが当然らしく、成人する前からムダ毛処理をするのが教えらしいですよ!

ヨーロッパは意外なことにムダ毛処理をするのは半分くらいらしいですよ!でも、毛の質が日本人とは違って細くて色も薄いから処理しなくても目立たないよね~私も自分の毛がブロンドだったら処理しないかもな・・・

ムダ毛の処理方法はどこの国でも大差なさそうですが、先進国とそうではない国でも違うのかもしれません。いつから女性はムダ毛を処理しなくてはならなくなったのかわからないけど、できれば自然なままが美しいなんて考え方が当然になれば女性としてはありがたい!

そういえば・・・アンダーヘアーの考え方も国によて違って、日本では全くないのはちょと恥ずかしいですよね?でも、清潔に保つためにアンダーヘアーを処理するのが当然の国が意外と多く、でも脇はフサフサなんてこともあるらしいですよ!これって、見た目じゃなくて快適に生活するための脱毛ですよね。

美容整形|顔のリフトアップは後遺症が残る可能性大

テレビで観る女優さんの顔がかなり老化しているな・・・と感じることってありますよね?

誰だって年齢とともに肌が老化してしわやシミ、たるみが生じるのは当然でそれがない人はいないってわかってはいうけど、女優さんはいつまでも若く美しくいてほしいという願望があるからでしょうか?老化した人を見ると、ちょっと残念な気持ちになってしまいます。

でも、数か月後に「え!!」と思うほど若返っていることがあるのですが、あれって絶対リフトアップですよね?やっぱり定期的にお手入れをしないと女優さんはいつまでも美しくいられないってことなんでしょうね~ストレスや肌への負担が多い仕事なので普通の人よりも肌のことを考えないとダメージも大きいでしょうし・・・リフトアップって整形手術ですが、二重や鼻をいじるのとちょっと違って、それほど「整形してる!」という罪悪感はないかもしれませんね。

でも、簡単に感じるリフトアップも手術なのでそれなりに後遺症が残る可能性もあって、一番多いのがひきつった感じや表情が不自然になるというものらしいです。糸で引っ張る方法でリフトアップするので、その糸の引っ張り具合が悪いと効果が出なかったり逆に引っ張られすぎて表情が上手く作れなくなってしまうらしいです。

他にも深刻な後遺症があり、口を動かす際に痛みを感じたり片頭痛が治らないという人もいます。腫れが引かずにほかの医師に診察してもらったところ、麻酔を使いすぎたため筋肉が委縮してしまう人もいます。

リフトアップは失敗がないと思っている人が多いのですが、実はとても高い技術が必要で糸の張り方や強さに経験も必要な手術らいいです。

きれいになるために受けた手術で前よりもひどい顔になってしまったり、生活に支障が出るような後遺症が出るなんて悲しすぎますよね?もし、リフトアップを受けたいと思ったら本当に信頼できる病院で説明を受け、効果だけではなく副作用や後遺症例などもしっかり知ったうえで決断しなくてはなりませんね。

 

ブラジリアンワックスQueen’s Waxの施術工程について

ブラジリアンワックスはアメリカやヨーロッパではポピュラーな脱毛方法として
知られていて、アンダーヘアーの脱毛はほぼ、ブラジリアンワックスで処理しているそうですね。
そして、そのブラジリアンワックスが日本にもやってきました。
ブラジリアンワックスを専門としたサロンもできていますね。
その中で、定評のあるブラジリアンワックスQueen’s Waxの施術工程について
調べてみました。

Queen’s Waxの施術工程はまずカウンセリングから始まります。
ブラジリアンワックスってどんなものなのかーとか
心配なこと、自分の肌質で気になることも質問オッケー。
知識のあるスタッフが時間をかけて丁寧に答えてくれるんで、
せっかくだったら、気になることは聞いておいて有効に使いたい時間です。

カウンセリングが終わると、施術に入ります。
Queen’s Waxは完全個室だから、安心です。
アンダーゾーンの脱毛だと上半身はそのままの格好で大丈夫だけど
下半身は、下着はすべてとって施術が行われます。
施術工程は、まず清浄綿で汚れとか余分な皮脂をきれいにふき取ってくれます。
そして、消毒。
全てハンドケアで行われるので、気持ちがいい~リラックスタイムです。
消毒まで終えたら、皮膚を保護するためのパウダーを塗布して、
ワックスを塗ります。
ワックスが乾いたのを確認したらそのままはぎ取ってムダ毛処理。
一瞬で剥がすし、保護用のパウダーをのせているから思った以上に
痛みはないそうです。

最後に、Queen’s Waxではアフターカウンセリングが行われます。
24時間は激しい日焼けをしないなどのアドバイスから
施術を行って分かった個々の肌質に合わせたケアの方法も教えてくれるんです。
埋もれ毛ができやすいタイプの人だと、スクラブを使った方がいいなど
綺麗を保つケアのアドバイスまでくれるんです。
Queen’s Waxでは初回だと来店から帰るまで約60分程度です。
丁寧なカウンセイリングに、丁寧なハンドケア、アフターケアまでしてくれるので
とても充実した時間をおくることができそうです。

ブラジリアンワックスは一度に素早くムダ毛処理がきれいにできるし、
皮膚への負担も最小限におさえられる脱毛方法なんですよ。

さらに、Queen’s Waxのワックスは日本人の肌に合わせて作られているから
肌質に不安がある人も使えそうです。

ブラジリアンワックスは、永久脱毛とかじゃないけど、
エステよりも即効ムダ毛が処理できる脱毛方法ですね。
だって、エステサロンの脱毛の場合、光を当てて3日後くらいに
今あるけが抜け落ちるんです。
ブラジリアンワックスは、その場でムダ毛が処理できるから
急なムダ毛処理に最適です。

1か月から1か月半くらいで1センチ程度毛が伸びてくると
また施術に行けばいいという感じ。
Queen’s Waxは海外セレブ気分も味わえそうなお店でした。

脱毛サロンの脱毛キャンペーンだけでどこまで処理可能か調査!

脱毛サロンの脱毛キャンペーンだけでどこまで処理可能か調査!
安い安いとは言っても、目先のお金のことだけじゃね。
安さに加えて、どれだけの効果があるかも知っとかなきゃ
逆に損ってことがあります。

脱毛サロンの最新の脱毛キャンペーンからどこまで処理できそうか調査してみます。
ミュゼは相変わらず安い!
100円キャンペーンをやっています。
ワキ+Vライン脱毛が100円です。
期間回数無制限となっているので、100円でワキとVラインの完全脱毛が可能です。

ジェイエステティックでは、ワキ12回+ひざ下2回で600円のキャンペーンがあります。
ワキ12回であれば、大抵の人が綺麗にわきのムダ毛処理ができるでしょう。
大体、12回で綺麗になるのが通常です。
ただ、毛量が多いという人は不利かも。
けれど、また別サロンの安いキャンペーンを利用してもいいかもね。
ひざ下2回。。これは全く足りそうにありません。
一般的にひざ下の脱毛は5,6回が必要だって言われています。
実際に、サロンで勧められるのは6回コースが多いということを考えても
やっぱり2回じゃあ、毛量が少々減るくらいでしょうね。
ただ、もともとひざ下の毛が少ない人には効果が見られそうよ。
他にジェイエステティックのキャンペーンには
全身20か所から自由に選べる5回脱毛が4500円がありました。
全身20か所自由に選べるとはかなり魅力ですね。
ただ、5回というのはかなり微妙。。。
通常でも6回は必要だといわれているのに、ってことを考えると
今後追加してでもつづけた方がいいよ的なキャンペーンだということが見え見え。
施術後のカウンセリングで続けることを勧められること確実でしょう。
とはいえ、これで満足ですと断ればそれでよし。
自己処理をする回数は減るだろうし、見た目の毛量もかなり減るでしょう。

両わき脱毛し放題だったら、エピレもあったよ
エピレのわき脱毛し放題は250円。
わき脱毛+Vラインの脱毛し放題では700円でした。
Vラインの脱毛って、サロンによって
どの辺の範囲までの脱毛ができるかちがうみたいね。
Vラインの脱毛がしたい人は、どのくらいの範囲の脱毛ができるか確認が必要かも。

どっちにしても、キャンペーンって集客のためのイベントみたいなものだから、
回数無制限でなければ、求める脱毛効果って得られないんじゃないかな。
ほとんどのサロンでの脱毛キャンペーンは
2回または5回といったお試し程度や続けたくなる回数です。
続けてほしいからキャンペーンで安い金額で微妙な回数の施術を企画するんです。
だから、キャンペーンでの完全脱毛はほぼありえないということですw。

新登場ハイパースキン脱毛|これまでの脱毛と異なる点

ほとんどの女性が脱毛サロンに行ったことがあると言っても過言ではないほど、脱毛は高価なものでも特別なものでもなくなりました。

その技術はどんどん進化いていて痛みが少ないのはもちろん、料金も驚くほど安いものや美容院感覚で気軽に通えるものまでありますよね。

会社帰りや買い物のと途中に脱毛サロンに寄れるように、ショッピングセンター内や駅の近くにるのも私にとってはとてもありがたく、いちいち脱毛のためだけに出かける必要がないの楽です。

どんどん進化している脱毛の技術ですが、最近はレーザーやフラッシュ脱毛がほとんどで、それ以上良いものはないのではないかと思っていたのですが・・・じつはあったのです!新登場のハイパースキン脱毛は今までにないすぐれた脱毛として人気があり、なんと子供まで脱毛ができるほど肌に優しく痛みがない施術方法らいいです。

子供が脱毛?って思いますよね・・・でも、今は早い子は小学生から脱毛サロンに通っているようで、毛深くて悩んでいる子やスポーツや習い事で脱毛が必要な場合も多いようです。そんな肌が弱く敏感な子供でも安心して受けられるハイパースキン脱毛ってどんなものなのでしょう?

ハイパースキン脱毛は、今までの脱毛と違い短期間で安心、安全に脱毛ができる画期的な方法で、肌に優しく施術後は今までよりも美肌になることができるのです。

レーザーなどの他の脱毛方法にありがちな痛みやトラブルがなく、色素沈着ややけどなどによって跡が残ることもないのは、36度という温度でおく別な光を使ってこれから生えて来る毛にのみアプローチするので、今生えている毛を無理に焼き切ったり毛根を死滅させる必要はないのです。

毛は一定の周期で生え変わるのですが、その生える時期を抑制することで肌を優しくいたわりながらできる脱毛方法なのです。

レーザー脱毛を受けたことがある人は多いと思いますが、意外と時間がかかりあまり効果を感じないという人も少なくないようです。これからはハイパースキン脱毛のような予防という考えが主流になってくるのかもしれませんね!