医療レーザー脱毛の仕組みについて分かりやすく説明します!

医療レーザーって聞くと、なんだか痛そう。。。
そんなイメージありませんか。
意外と知らない、医療レーザーの仕組みについてわかりやすく説明します。

医療レーザーはレーザーを照射して脱毛をさせます。
黒いものに反応して吸収させることができるレーザーを当てて
ムダ毛に反応し多レーザーがムダ毛の毛根も破壊するんです。
毛根が破壊されるから、毛は生えてこない。
医療レーザーは永久脱毛ができる脱毛法です。
黒いものに反応させるとはいえ、毛を伸ばしておく必要がなく、剃った状態で
施術してもしっかりレーザーが反応してくれます。
昔の永久脱毛ってニードル式だったから毛をはやしておく必要があったけど、
今では、処理をした状態でも大丈夫です。

また、黒いものに反応するって意味では自己処理でできちゃった
シミなどの色素沈着にも反応してくれます。
医療レーザーには美白効果があるとも言われているんですよ。
脱毛しながら美白できるのはうれしいね。
の反面、黒いものに反応する医療レーザーは色素が薄い産毛には
反応しにくいんだとか。
現在では、クリニックによって色素が薄い産毛にも反応できる機器を持っている
ところもあるかもしれないけど、基本的には
産毛など色素の薄いムダ毛には反応しにくいんですね。
まあ、これは、医療レーザーに限らずサロンのフラッシュ脱毛も同じことだけど。

そして、黒いものにとても反応する医療レーザーは、
色素沈着が激しい箇所の脱毛ってあんまり向いていないって言われてるんですね。
というのも、色素沈着が強いとどこもかしこも反応する~。
毛がない場所までレーザーが照射されるので多少の痛みがあるんだとか。
ということで、痛みを感じやすく色素沈着が激しいIラインや肛門のムダ毛処理に
不向きだったりするって言われている。
だけど、Iラインや肛門の脱毛も医療レーザーなら
永久脱毛ができるし、美白効果があるかもしれないって思えば、
少々の痛みを我慢してでも、医療レーザーでIラインもOも脱毛したいかも。

医療レーザーはお医者さんしか施術ができない医療行為で
永久脱毛です。
だから、エステサロンでは医療レーザーはやってなくて、サロンでの脱毛は
永久脱毛とは呼べないんですね。
医療レーザーはクリニックで脱毛ができないって言われた
敏感肌の人、アレルギー肌の人でも施術が受けられます。
レーザーといってもやけどの心配もありませんし、赤みとか腫れる心配もないです。
お医者さんがいるからお肌に不安があるって人も
医療レーザーはおススメかもしれません。